糖鎖が病減退を排除してくれる|健康に必要な成分

  1. ホーム
  2. 免疫力が上がる

免疫力が上がる

服用

高血圧が予防できる

乳酸菌は、腸内環境を整えることで知られており、ヨーグルトやサプリで摂取する習慣をつけている人が多いようです。では、乳酸菌には具体的にどのような効果があるのかというと、主要な5つの効果が挙げられます。1つ目は、最も認知度の高い、便秘解消効果です。乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やす作用があります。善玉菌が増えると、腸内は弱酸性に保たれ、その酸が腸壁を刺激し、蠕動運動を促すため、便秘が解消できるのです。2つ目は、免疫力のアップです。免疫細胞の6割から7割は、腸に存在しているため、乳酸菌で腸内環境が整うと、免疫細胞の働きが高まります。外部からウィルスが侵入しても、病気を発症しにくくなり、仮に感染しても、軽い症状ですみます。3つ目は、ダイエット効果です。乳酸菌には、内臓脂肪や皮下脂肪の代謝を上げる働きがあるため、脂肪を減らすことができます。食生活に気をつける必要もありますが、腸内環境を整えることで、痩せやすい体質になれます。4つ目は、高血圧の予防です。乳酸菌には、たんぱく質を分解してラクトトリペプチドという成分を作り出す作用があります。ラクトトリペプチドは、血圧を上昇させる酵素を抑制したり、血管を修復する働きがあるため、高血圧が予防できるのです。5つ目は、大腸がんの予防です。悪玉菌が腸内で増殖すると、発がん性物質が作り出され、大腸がんのリスクが高まります。乳酸菌は悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれるため、大腸がんのリスクを軽減できるのです。このように、健康に多大な効果があるため、積極的に乳酸菌を摂るようにしましょう。