糖鎖が病減退を排除してくれる|健康に必要な成分

  1. ホーム
  2. 加齢の症状を改善できる

加齢の症状を改善できる

サプリメント

アンチエイジングに効果的

サポニンにはアンチエイジング効果があります。サポニンは植物の根の部分に含まれている有機化合物の1種です。中でも食材としては大豆、高麗人参、田七人参、アマチャヅルなどがあります。含有されている植物はいろいろなものがありますが、含まれている植物ごとにサポニンの種類が異なります。たとえば、大豆に含まれるものは大豆サポニンであり、田七人参の場合は田七人参サポニンです。また、サポニンの効能としてはコレステロール値を下げる効果が挙げられます。特に、中高年の男性と女性はコレステロールが上がりやすくなる傾向がありますが、上昇しすぎると動脈硬化などの深刻な生活習慣病をもたらすこともあります。こうしたエイジングによる生活習慣病を防ぐのがサポニンの役割です。エイジングの症状として代表的なものが肥満です。大豆に含まれる大豆サポニンには腸で吸収したブドウ糖と脂肪が結合することを防止して脂肪を蓄積しないようにします。これは肥満防止につながります。大豆たんぱく質も同じような効果がありますが、大豆サポニンの方が中性脂肪をより改善することが可能です。このように、脂肪の吸収と蓄積を抑制して身体の中の老化を防いでくれます。さらに、サポニンには過酸化物質の生成を抑制してくれる効果もあります。この物質は老化や動脈硬化を引き起こすきっかけになりますので、これを改善することは体内の老化を防止することにつながります。このように、肝機能も改善するという効果もあります。